ヘアケア&アドバイス

ヘアケア製品の基本的な使い方

シャンプー
コンディショナー

  1. 髪にはシャンプー前のひと手間が大切。 ブラッシングで頭皮の汚れを浮かせて。

    髪にはシャンプー前のひと手間が大切。 ブラッシングで頭皮の汚れを浮かせて。毛先から、優しく髪をほぐすようにとかし、髪全体の汚れやもつれを取り除いておくのがポイント!

    Point

    毛先のもつれがほぐれたら 頭頂部からゆっくりとかして! 絶対に無理な力を かけないように!

  2. シャンプー前に、 お湯でしっかり汚れを落とすことが 正しい髪の洗い方の第一歩!

    ブラッシングで浮かせた頭皮の油汚れやほこりを、お湯でしっかり流しましょう。 シャンプーが泡立ちやすくなります。

    Point

    予洗いをしておくと 余分な汚れが落ち、 シャンプーがスムーズ!

  3. 髪を洗う=頭皮を洗う。 シャンプーの泡で優しくいたわりながら。

    シャンプー剤を手のひら全体に伸ばし、泡立てて、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗います。泡で髪全体を包むように優しく洗うことが大切。

    Point

    泡立ちが大事! シャンプーの泡で優しく汚れを落とす イメージで!

  4. 普段より1分長く。 地肌をしっかり洗い流す。

    地肌にシャンプー剤が残ると、フケやかゆみの原因になります。しっかり落とすことが重要。頭皮はじっくり、髪同士はこすらないように丁寧に洗い流すようにしましょう。襟足等の洗い残しに注意して!

  5. コンディショナーは下地の役割! シャンプー⇒コンディショナー⇒トリートメント の使い方が効果的。

    コンディショナー剤を手のひら全体に伸ばし、毛先を中心にもみこみ、髪全体に広げる。シャンプー同様、しっかりと洗い流してあげましょう。頭皮はしっかり、髪にヌメりけがなくなる程度が目安。

    Point

    毛先はもみこむように 優しく浸透!

洗い流すトリートメント

  1. トリートメント前には髪に残った水分を しっかり取って浸透力アップ!

    濡れた髪はダメージを受けやすいのでこすらず丁寧にタオルで抑えるように水分を取って。水分が多いとせっかくつけたトリートメント剤が流れてしまいます。

    Point

    こすらず、優しく 髪を包むように水分を 取ってね!

  2. 髪の中間から毛先にかけて まんべんなくトリートメント!

    手のひら全体に適量のトリートメント剤を伸ばし、毛先を中心に揉み込み、全体にまんべんなくいきわたらせることが重要!からまりやすい髪の内側にも丁寧につけてあげましょう。トリートメント剤を根元につけると髪のベタつきの原因になるので気をつけて!

    Point

    トリートメントは手のひら全体に 伸ばしてから髪に!

  3. 集中保湿トリートメントの場合: 瞬間密着テクノロジーで素早く密着保湿

    ラックス スーパーリッチシャインのチューブトリートメントは、 ゴールドヒアルロン酸オイル*1(保湿成分)を贅沢に高配合*2。 トリートメント剤を(セミロングで10g程度、マスカット大1、2粒)つけた後、 時間をおかずに洗い流しても効果的。

    *1 ビタミンE誘導体,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,スクワラン
    *2 ラックス スーパーリッチシャイン コンディショナーと比べて

    ヘアパックの場合:
    ヘアパックできっちり浸透ケア!

    トリートメントパックは温めることで、髪への浸透力を高めます。 湯船に浸かり体を温めながらじっくり3〜5分間置くと、 グッと成分は内部に浸透。蒸しタオルで髪全体を包むように巻けば効果的!

  4. すすぎは頭皮「しっかり」 髪は「程よく」

    髪はヌルつきが取れるくらいしっかりすすぎましょう。 しっとり感が無くなって、キシキシなりはじめたら流しすぎのサインだから注意して。 耳の裏側や襟足部分は洗い残してしまう人も多いので、忘れずしっかり流して。

    Point

    内側の洗い残しは 禁物!

洗い流さないトリートメント

  1. スプレータイプでヘアケア
    熱や乾燥から髪を守って。スプレーは髪全体に!

    濡れた髪はダメージを受けやすいのでこすらず丁寧にタオルで抑えるように水分を取ってヘアケア。 水分が多いとせっかくつけたトリートメント剤が流れてしまいます。

    Point

    髪から15cmほど 離してね!

  2. クリーム・オイルタイプでヘアケア
    カラーやパーマのダメージに。
    クリームやオイルタイプは髪によくなじませて!

    手のひら全体に適量を良く伸ばして、タオルドライした後または、乾いた髪にもみ込むようになじませてヘアケア。毛先用の製品は、毛先を中心に。寝る前につけて枕の摩擦で髪が傷むのを軽減できます。

    Point

    手のひらにまんべんなく 伸ばして

ヘアケア・アドバイス